Skip to content

普段仕事で取材をしている方は、インタビュー内容をレコーダーに録音することもあると思います。

それを元にして文章を作るわけですが、少々面倒に感じたことがないでしょうか?

会話内容から記事を作成したり、文章にリライトし直す作業は骨が折れますよね。

そのようなときは、テープ起こしのサービスがおすすめです。

一度利用してみるとわかりますが、本当に面倒だった作業をしなくて済むようになります。

録音内容から文章を作成する作業を代行してもらえますので、場合によっては利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、業者によって文章の質はばらばらです。

なるべく長年続いていて、評判の良い業者を選ぶことが必要になります。

例えば、参照→テープ起こしのホームページは数十年も続いているテープ起こしの業者です。

1年間の実績もかなりのもので評判も良く、安心して利用できると思います。

テープ起こしに依頼する場合と自分で作る場合、果たしてどちらの効率が良いでしょうか。

当然ながらテープ起こしですし、浮いた時間を他の作業に充てることだってできます。

料金はかかりますが、その分見返りも大きいのがテープ起こしの魅力です。

興味がある方は、見積もりをもらったり相談してみてはいかがでしょうか?

人事考課では人材の評価というものが大事になります。仕事の成績が優秀で結果も出している、でも会社の人材評価にはそぐわないといったときには昇級できないといったこともあります。この時に評価の基準が明確にされていると自分がどうして昇給できないのか、評価されないのかがわかるようになり改善していくこともできます。人事考課ではまず人材をどのように評価していくのかはっきりさせる必要があります。

人事評価の基準をどうするかといった問題ですが、企業が将来的にどういった展望を持っているのかということが大事になります。今後競争が激化し、企業に求められているものも変化していくことが予想されているなら今現時点での実績よりも将来的に価値のある能力というものが大事になります。企業がどういった人材を求めているのかはっきりとさせて人事評価の基準を明確にしておくことが人事考課の第一歩です。

人事評価には個人的な感情を持ち込んではいけません。そのため人事考課に求められる人材は評価を公平にできるということが大切です。少しでも感情が働いてしまうと客観的に見てもおかしい人材評価というものが生まれてしまいます。人事考課を実現するためにはそれに携わる人材の育成が大事になります。